ちいちゃんのお仕事

理事会終わり

今日は良い天気。
 
朝早く出勤し、事業所の職員さんが開ける前に鍵を持って出勤。
 
五分くらい遅れること、皆さんぞろぞろ。
 
ちいちゃんは、今日は負けた、今日は一番だと言いながら、出勤しながら楽しんで
 
いる。
 
介護の人達、大変であろう。
 
 
オフィスの机の前に行くと、一通りの荷物を定位置にセッティング。
 
介護の職員、「重役出勤でも良いんじゃないの・・・」
 
まあねえ、それもありだよね。
 
帰り時間もしっかりと五時に変える。
 
出勤もしっかりと決まっている。いいと思うけどねえ。
 
私には重役出勤は考えられないんだけどなあ。
 
臨時総会で副理事を置くことを提案、説明。
 
皆さんからの同意を得る。
 
今日の一番の焦点はそこであった。
 
次年度の予算案を説明を加え、進めて行きたいという旨を発表し、
 
この議題も皆さん賛同。
 
 
最後に二つの事業所で零細企業並み
 
管理者、予算の数字を見て、重さを感じている様であった。
 
自力で事業所の移転も行い、事業展開もスムーズに流れ、
 
皆さんに認められるという成果は素晴らしい。
 
二年の任期で理事長の仕事を託して進める。
 
よろしく。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 往診日

  2. ごちそうを

  3. ないです ありません

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP