ちいちゃんの昔話

お片づけ

今日は雨。
 
 
昨日はアルバムの整理。
 
今日は倉庫の整理。
 
数ヶ月ぶりの倉庫を見ると、何やら似たよったものがたくさんあり、驚いてしまう。
 
それも仕方がないが、お尻が痛くないように、背中が痛くないように体に合わせて試すためにものが増える。
 
体が悪くなれば、介護用品も変わり、また物が増える。
 
お金に変えられないものだと思い、選択して試していく。
 
それを見てて、たくさんの金を使ったことに改めて驚く。
 
それらを片づけたら、粗大ごみにするか、サイクルにするのか、
マット類が多く、業者さんに回収してもらわないといけないと思った。
 
 
これだけ整理整頓に気持を入れているのに何故散らかるのか。
 
簡単に「倉庫に入れといてください」とお願いすることの結果であろうか。
 
手を抜かずに「どこの何番目の右、左」と言うところまでお願いしないとあっという間に山積み。
 
たくさんの人に説明するのだがなかなか大変な作業。
 
これってケアマネさんが調整する仕事でなかろうか。
 
 
 
アルバムも倉庫も、もう少し踏ん張れば一段落。
 
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 窮地でも

  2. 人生

  3. 往診日

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP