ちいちゃんの昔話

昔のボランティアさん

ちいちゃんにはお世話になった人がたくさんいる。
 
その中からいつでも相談ごとをする。
 
その事で改善をみる。
 
 
 
税理士さんから、決算書をPDFとペーパで頂く。
 
しかし、それを自分なりに予算書に作り変えようとすると、たくさんのデータの打ち直しが必要になる。
 
パソコンを扱っている以上、そんな無駄な事はしたくない。
 
そこで、元工学部にいた人に電話。
 
彼、運よく岡山から返ってきている所で、「15分くらいで行きますよ」と、電話が入る。
 
何においてもPDFをエクセルに変換して欲しかった。
 
ソフトを買えばいいものの、やはり私には手強い作業。
 
彼が来て15分ほどで、たくさんのPDFをエクセルに変換してくださった。
 
さすが餅屋は餅屋。
 
 
彼との付き合い、いまいくつになった?問うと、40歳。
 
おぉ、もうそんな歳。早いねえ。
 
そんな話をしていたら、20数年前が思い出され、本当に助かった、ありがとう。と言うと、彼は「学校の寮はエアコンも効かず、ちいちゃんの家は夏は涼しく、冬は暖かく良かったんですよね。」と言った。
 
なるほど、そう言うのもありね。
 
夜中に何回寝返りをさせてもらったことか。
 
お布団の重さが恐く、息苦しく、パニックを起こすような状況であった。
 
なんか、なつかしくもあり、複雑な心境が思い出された。
 
そのついでとは言わないが、彼も経営の方をお勉強した人、農業の課題を相談し、5つばかしのアドバイスを頂き、できそうなことを即実行、と思い、ありがとうと礼を言う。
 
こんな繋がり、嬉しいよね。
 
やっぱり私の特権かな。
 
さあ、明日から頑張ろう。
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 窮地でも

  2. 人生

  3. 往診日

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP