ちいちゃんの昔話

またまた整理

今日も暖かい一日。
気になり、タンスの引き出しを開ける。
見れば下着がたくさん。
現在痩せすぎて、グスグスで寝てもしわが出る。
着られない物を入れていることに気づき、小さな引き出しを整理し始めた。
捨てます。捨てます。
これも捨てます。捨てます。
見ると一つの引き出しは空。
一つは手袋、帽子を入れても半分にいかない。
スカスカの状態。
でも捨てるってすっきりする。
着られていない物を置いて、あたかもあるがごとくに思うこと大間違い。
必要なものを必要なだけでよろしい。
明日は春になるので薄い服に入れ替える約束ができた。
それにしても注意を払わないとタンスの中は溢れている。
病気が出たか。
下着のたたみ方まで考えて収納し終えた。
みなさんすみません。
でもでもすっきり。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 窮地でも

  2. 人生

  3. 往診日

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP