ちいちゃんの昔話

提出書類が検証終わり

晴れ

今日はNPO法人の提出書類が検証終わり、

県の担当部局から正式に書類を提出してもよいと電話を受け取る。

よかった!!

皆さんご苦労様。拍手。

指導員の方は女性軍、何もわからないもので・・・渋っていた。

ちいちゃんも右も左もわからなかったが・・・でも、

「作業所は努力をして生き残るしかないや」と力説、皆さんの重いお尻をたたいてスタート。

わからないもので提出は月日ともに次から次と後回し、

六月ごろに提出を計画していたが、伸びてしまい9月11日にだすことになった。

これで、作業所の生き残るためのスタートラインに立つ。

水曜日には通所を希望する男性二名の面談。

皆と楽しい仕事をできたらよいなぁ。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP