ちいちゃんの昔話

この指止まれ!!!

作業所の生き残り問題、

つかれたぁ!!

午前、県職員2名でアンケート調査のため作業所を訪問、

午前ということでいつで、気持の落ち着かないまま11時30分にこられる。

慌しく30分の聞き取り、質問する側、される側ともに時間が足りない。

乗り越えなければならない課題が一杯。

頭の中は・・・

少しの明かりがあるので生き残ろう。

今ある小さな作業はつぶしたり、つぶれたら駄目なのだ。

明日からねじを巻いて動こう。

この指止まれ!!!

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 窮地でも

  2. 人生

  3. 往診日

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP