ちいちゃんの昔話

穏やかにね。

予測

ふっと気がつくと「いたった!」と連呼する毎日、

ほんまによくもまぁ~~~

毎日の痛みを我慢することの多いこと。

一生の苦痛をいま味わっているのか?

ちいちゃんの頭を・・・よぎる。

これはずーと続かないわ。

最後は痛みもなく、あっという間にあちらへ。

誰にも痛み、苦痛、悲しみも同じだけ持ち合わせていると信じる。

それであれば、最後は痛み、苦痛、悲しみも通り過ぎ残ってないのではと、

そのように頭よぎる。

なかなかいいじゃ~~

向かっている先は決まっている。

穏やかにね。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 引越し

  2. 2%の残量

  3. 陰徳を積む

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP