ちいちゃんの昔話

講演決まる

 
暫くおとなしくしていた時期を過ぎ
 
最後に自分の言葉で伝えよう。
 
 
 
 
高校の授業人権問題で話す機会をいただく
 
聴いていただく機会、自分から逃げないで受け取る。
 
 
職員へも一人一人に語りかけ機会を作る事が大切か
 
そのこと、すべての一歩
 
 
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 引越し

  2. 2%の残量

  3. 陰徳を積む

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP