ちいちゃんの昔話

このところの頭の中は

 
年も開け仕事もスタートして気持ちを整えていこう。
 
そう思うも、なぜか気持ちのなかには新鮮さが欠けているような気がする。
 
淡々と仕事をこなし雑然と積み上げ、皆さんとのリズムがあってないような?
 
 
輪を積み上げる、それには小さくても遅くてもよい、着実に進める。
 
やはり、育成が残る。
 
 
自分に正直に信念を変えることなく進める。
 
 
大きな山が目の前にはだかり、何がなんでも征服せねば、
 
何も解決しない。
 
 
この叫びと言葉はいつ届く。
 
 
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP