ちいちゃんの昔話

山積

 
退院してから課題解決しなければならない問題が山積。
 
動き始めたのはスパンは2カ月そこらはかかりそう。2カ月の間に自分の気持ちが萎えないことを願う。
 
気持ちが動けば物は動きだす。三つ四つ五つとすでに動き始めている。
 
その動きが成果を見せるのを念じて頑張らなければ。
 
 
昨日は知人が来て、お願いごとを一つすると、まず自分の一番いいようにしなさいとえらく暖かい言葉をもらい、少し気持ちが明るくなる。
 
 
昨日の個展のアート展に出掛けてインタビューを受けた。いいビデオになっていることに期待しよう。4,5日後には出来てるかなあ。
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. お金の使い方

  2. 窮地でも

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP