ちいちゃんの昔話

歩くことを忘れた?

 
今更、いいけれど
 
気づけば、長らく歩いていない。
 
愚痴ではない
 
 
 
歩く努力を忘れたような
 
薬が開発され、治療がなされて、治る見込みが見えたとしても、
 
治療も薬も拒否しよう
 
 
 
このままにしておく
 
今の自分が好きだから。
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP