ちいちゃんの昔話

1週間ぶりに?

 
さぁ仕事と言うところでパソコンを開け、メール・ネットを調べかけると、、、
 
、、、つながりません。
 
火曜日の日付でメールも止まっています。火曜日といえば寝てるわよ。
 
なんでそのところでネットが切れてるのよ。変だなぁ。
 
思い出した。パソコンの周りのコードを整理して子供が来ても大丈夫なように、片づけるつもりで業者に頼んだ。
 
数日経って火曜日に来て、見ること10分ばかし。ちぃちゃんの枕元の向こうで、
「バターン」
 
・・・・
 
「大丈夫ですか?」業者は無言。。。。そのあと業者さんはもう少し考えていいものがないか探してきます、と帰って行った。
 
昨夜パソコンがつながらないということで思い出したら、火曜日の件が浮かんできた。
 
 
 
ヘルパーさんに見てもらうと、無線LANのインターフェースが半分しかささっていない。よく見ると、ねじ曲がってる。どうあがいても素人の手に負えない。
 
ボランティア、メーカーの二人に連絡をとり、学生さんは留守。
 
業者さんは「夕方行きます」と返事をくださり、1日お手上げ。
 
壊れたら壊れたって報告してよね。パソコンは私の頭や手足なんだから。
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. お金の使い方

  2. 窮地でも

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP