ちいちゃんのお仕事

自らが動く

このところ、天候はすっきりしないが、蒸し暑い。
 
 
色々と動けない中で仕事をして突き当たる事も多く、頭を抱えること多く。
 
日々勉強と思い知らされる。
 
まず私の得意分野、整理整頓。
 
事務所の書庫も気になり始め、任せるだけでは、伝えるだけでは、改善しない。
 
自分の口で指示をする。
 
それを実行されてなければ、自らが動く。
 
自ら動けない時はどうしたら動けるか考え抜く。
 
その考える内容も徹底的に考え抜く。
 
最近それを実行し始めている。
 
 
言葉でも私はこだわっているから、「こうしよう」「こうしてください」伝える。
 
初めはしぶしぶ、そのうち言うだろうと職員さんも読み始める。
 
徹底して自ら動く。そのことで周りが動く。
 
書庫もファイルの大きさ、厚み、色、共に統一され、みごとにスッキリと収められてきた。
 
やっぱり自ら動くのみ。
 
 
 
 
さあ、引っ越しの段取りをしなければあと一ヶ月も無いであろう。
 
がんばろう!
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP