ちいちゃんのお仕事

やっと看板にこぎつけ

移転したものの、大きな看板が上げれてなかった。
 
それは、ご近所さんとすり合わせが思うようにいかなかったため。
 
皆さんのご尽力のお陰をもって、取り付けてもいいという返事を頂く。
 
三メートル六〇、縦九〇、二つの事業所の名前を入れ込む。
 
事務所の入り口が正面ではないが、看板をあげることで、前を通られたら、しっか
 
り、見えることであろう。
 
道はさんでうどん屋さんがあるので、たくさんの人に見てもらえること間違いない。
 
これからは広報にいちだんと力を入れて進めて行こう。
 
次はいよいよホームページに取り掛かる。
 
この週末で、青写真ができるとよいが、できるかなあ。
 
これだけたくさんの人がいるから、ホームページも管理できるだろう。
 
管理できなかったら、作る意味はない。
 
さてさて、ホームページの材料も揃えますか。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP