ちいちゃんの昔話

iPadから投稿

アルバイトの学生さんからiPadで投稿できたらと要望された。

あちこちにネットを繋ぐのはちょっと不安と思いながら頭をよぎる。
少し説明を受けて納得させながら投稿。
自分がつつけたらいいんだけど、解決しなきゃならん課題が多くある。
iPadが目の前にぶら下がり、自分で打てるといいなあ。
これをSiriでできるのかなあ。
誰もいないところで一人でしゃべるのも変な感じ。
何でも機械ですればいいってもんでもないなあ。
介護もこういうことかなあ。
機械相手に任せきりはちいちゃんには馴染まないなあ。
でも慣れよう。まだまだ便利になるはず。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. お金の使い方

  2. 窮地でも

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP