ちいちゃんのお仕事

無事終了

2つの事業所の実地指導。
先月、今月無事終わる。
両方の責任者ともどもホッとする。
双方ともに、褒められることも多くあったような。
喜ばしい。
まあそれにしても、大きくなった組織2つ。
早く職員の育成に力を入れないと、あとが困るであろう。
あとは来年度の予算案を作り、理事会・総会を行い、忘年会・新年会の催しの計画をたてなければ。
会場は一つ。
開催日も2つの事業所なので、同時期、同じ場所で行わないとえらい手間。
体は一つ。
スムーズな実行あるのみ。
さあ、年末に向かってがんばろう。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP