ちいちゃんの昔話

真に残念ながら作業所は落札できず。

入札に行ってきました。

入札現場に行ってよかった。

指導員と一緒に15分前に会場入りする。
さして大きくない30人が入れば一杯になる部屋、

すでに3/2は席はうまって,皆さん静かに時間を待つなかに、

車椅子のちいちゃんが入ろうとしたら15cmほどの段差、県庁に意外な落とし穴があることかよわかった。

どうしたものかと・・・・・、
部屋の段差のところでしあん・・・1分ほどながめていた。

県職員さん出てこられ・・・・

「何かスロープになるようなものはありませんか?」

「・・・ないですね。」

皆さん男性の方たち眺めておられたが、誰ともなしに四名の方が近寄り車椅子を部屋に上げてくださった。

「ありがとうございます」とお礼。

無事席に着き、静まり返った沈黙の数分・・・・

ひとりごと
男性軍ばかりのこの雰囲気、皆さん会社を背負って入札なのであろう。
会社といってもITは小さな企業であろう。
大学出たてのような男性、
中年の男性、

男性の後姿・・・背負うものが大きいのであろうと思えた。

その中に車椅子の女性と指導員の女性が入札にきてる??
どのようにうつているのであろうか?

昨日書いた入札金額はどだろうと思うものの、ここにおよんでジタバタしない。

このような緊張する場所に参加したこと、
これが駄目でも雰囲気がわかっただけでも勉強できてよかった。

時間が来て割り当てられた番号を覚え、
みなさん封筒に金額を書き入れたものを順次箱に入れていかれた。

入札が終わったところで開封、各企業さんの入札金額を読み上げられた。

驚いた!!!

一番上は1200万円、なんでぇ~~~

   ∥

なにぃ~~一番下は72万って・・・。

ということで、真に残念ながら作業所は落札できず。

この度のことはよかった。

作業所でも入札が出来るということは、窓口は開かれているということなのだ。

自然発生的に段差を皆さんが持ち上げてくださった。
バリヤフリーになっていたらどうだろう・・・。

こころのバリヤフリーを見ることが出来た。

車椅子のちいちゃんが走れば目立つ、
知り合いの職員さんが声をかけてくださる。

元気に生きていますよ!!!!

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. お金の使い方

  2. 窮地でも

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP