ちいちゃんの昔話

ただ、ただ、感動。

感動の!!の訪問者

15年前、中学生、高校生のときちいちゃんの部屋のカーテンを閉めるボランティアをしてくれて、
社会人になっても折に触れ泊まりもしてくれていた彼女が突然尋ねてきてくれた。

顔を見た途端言葉を失うほどの驚き。

嬉しい驚き・・・・

明後日にはご主人の仕事の関係で東京へ行くらしい、

お父さん、お母さん、彼女の五ヶ月子供を顔を見せに、

あのおとなしく芯のしっかりした子供さんが!!

自分の子供が久しぶりに顔を見せてくれたうな?(子供がないから分からぬが)

小さな中学生さんが・・・・

ただ、ただ、感動。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. B型事業

  2. 二十数年前

  3. お金の使い方

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP