ちいちゃんの昔話

退屈、退屈

連休2日目、曇り。
2日も寝ると、何もしないためにうずうずする。
昨日は注文していたものが、3点ほど来、よかよかと喜ぶ。
荷物を広げると、間違いなく注文したもの、まだ準備するには、物が足らなすぎる。
次は何しようかと、頭をめぐらすも、作業は思うようにいかない。
パソコンを説明するもののちいちゃんは目で操作しているためか、自分がパソコンに向かってやれば操作できるが、画面を見ずに操作すると思うように説明が出来ていない。
これは体が覚えているという事かしら。
悔しいけど説明しずらい。
何とか自分で動かしたいなー。
誰か-。
楽しい事が半減する。
さあこれから、半日、楽しく過ごすことを考えよう。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. お金の使い方

  2. 窮地でも

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP