ちいちゃんの昔話

きれいになったでしょ、

今日も朝から雪

昼からベッドに横になる。(床ずれのため)

横になったところに突然のお客様、寝たままで1時間弱話をする、

難しい話、寝ているときに聞くような話ではない。

頭の中で「またにして!!」と言いたかったなぁ。

そのあとは、職員さんと休憩室の整頓、

目の前にパソコンも何もない中、

ひとつずつ、大きなものから、使う頻度を考え、

それは右のうえ、その部は下、

ものの一つずつ確認をしながらを進めること三時間、

収納棚をちいちゃんのものは左、介護事業右と半分ずつに分け収める。

本箱は整理するところまでいかず、

段ボールの空6個、見たこともない、何で、だれの????

出てくる、出てくる、意味不明なもの、保管をしなくてもよいもの・・・・・。

外出用の車いすも隠れがちの状況が、

見違えるほどの休憩室になる。

見て!

見て!

見て!

きれいになったでしょ、まだ、90%だけどね。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP