ちいちゃんの昔話

正月、気持ちが穏やか

 
正月をふっと振り返る、
 
気持ちが騒がず、しずかであった。
なぜかと考えて見た。
 
私は寝ているものの学生さんに手伝いをもらい、
考えていたこと、しなければということ、記録、作製を少しずつ進めた。
 
片付き、前進してることが感じられ、目に見えていることから
安堵するのであろう。
 
 
昔は、物事を前向きにとらえられず、お先真っ暗に心は浸り。
これが心を萎えさすもと。
 
暗いトンネル、恐怖、絶望がいじ混る中、でも、出口のかすかな明かりが見える。
 
あそこまで歩けは抜ける。
 
そのく返しの毎日であった。
 
 
 
今年の正月は穏やかな日でよかった。
 
好い歳の取り方をせねば。
 
感謝する。
 
 
 
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. ないです ありません

  2. 一直線の道を

  3. 30年前も 40年経って・・・・

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP