ちいちゃんの昔話

日々の中で

ちいちゃんは極限ということを幾度となく体験。
 
その経験から得たもの
 
当たり前ということの奥深い言葉
 
体感できたこと
 
 
 
 
極限の中に追い込まれると、
 
日常、当たり前のことに感謝の心がわいてきた
 
 
 
そのことは両親から教わったからでもなく、
 
自ら体感の中からのことである。
 
 
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 引越し

  2. 2%の残量

  3. 陰徳を積む

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP