ちいちゃんの昔話

滞りがち

梅雨に入りさすがにうっとうしい。
 
汗はかくし、熱中症にでもなるのでは、と少し不安。
 
などそのように言っておってもはじまらない。
 
明日からに備えを。
 
 
 
新事業もあり、進むようで進まぬ所もあり、何かと気忙しい。
 
決算も今月中。健康診断も実行、出版の手続き、監査のチェック、
 
明日は企業さんの助成金の聞き取り、等々。
 
かなり忙しい。しんどいけど楽しいから、まあいいか。
 
 
 
ちょっと遊ぶことを考えよう。
 
と言っても、大して遊びたい事も浮かばない。
 
本当に面白くない人。
 
もっと次々とアイデアが出てくればまた違うだろうに。
 
許容量が狭いのか、人生経験が少ないのか、、、、。
 
 
 
久しぶりにメモの整理をしよう。
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP