未分類

申し訳ないような

5/10   

ちいちゃんとアクセサリートークをしました。

話をしていると、どんどん ちいちゃんコレクションが登場しました

おしゃれ~をする人はステキですね。かわいいですね。

久しぶりにちいちゃんのピアスが変わっていました。

2人でキャッキャッしました。笑

オガワさん会いたかったのですが、実家の引っ越しの手伝いに帰っていました。

家を改築するので☆☆     

何もなくなった古い家に行くと、

何だか少しこの家を壊してしまうのが申し訳ないような気持ちになりました。

木とか木製のものがすごく古くて、美しくて、立派に見えました。

ああ この家に守られとったなーって。大げさですが。

なれてしまうと、その存在の大きさに気付かない事が多いです。

セツ子に言われた通り  ありがとー!と思いながら、ぞうきんがけをしたのでした。

その後、近所のちびっこに かくれんぼに付き合わされました。

やれやれ、とか思いながら遊んでる自分に、もう子供ではないんやなーと、
少し淋しい気持ちになりました。

ともかく、わが家はちびっこ達の秘密基地になっていました。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP