ちいちゃんの昔話

心やさしい人の多いこと。

くもり

年度末、事務処理の閉めであわただしいが、慌てず騒がず見守る。

明日は学生さんが事務所に遊びに?、
昨夜からボランティカさんと話をしていたら、エクセルをあまり使わないらしく作業所に習いに来るらしい。

夕食もおわり、この前紹介していただいた学生さんに電話を入れる。

ボランティアの件、お手伝いをいただく内容を簡単に説明、

気持ちよく話が進む中、手早く日時を決める。(このような時は日にちを明けず話を決めるが吉よ!)

電話で聞こえる声は感触よく。

電話を切った後、安堵とともに嬉しくなってきた。

助けてくださる学生さんたちのことを思うと、世の中捨てたものではないなぁ、と思える。

心やさしい人の多いこと。

頑張らなければと思う。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 懐かしい東京タワー

  2. なつかしい

  3. 苦笑い…

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP