ちいちゃんの昔話

見えぬことばかし

おどろき

以前、作業所に通ってきていたAさんが久しぶりに電話をかけてくれた。

彼女は以前うちにいた指導員のところに通っていると聞いていた。

どうしたのであろうか?。

何かあったか?。

どうであれくるものは拒ますである。

「働きたい」といっていた。

仲間が増えるのはいいが、ちいちゃんは人数に合った仕事がほしい。

まだ、まだ見えぬことばかし。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 陰徳を積む

  2. アジサイが咲き始めるこの季節

  3. やっぱり私らしく 「ひまわり」1999年1月第53号より

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP