ちいちゃんの昔話

明日から連休

とりあえず一日おきに起きるという計画は実行できそう。
 
 
明日はとりあえず横になる。頭をめぐらすのに費やす。
 
次の日は起きる。
 
事務所でいつもの体制で好きにする。
 
 
1日はお片づけ。絶対やるぞ。
 
2日、普通業務。
 
3日、事務所でいつもの生活仕事。
 
4日、ベッドで頭で思いめぐらす。
 
5日、横になる。
 
 
 
少し起こすことでかなり体の負担は少ない。
 
ベッドの中で新しい店舗の色々な計画を考える事ができる。
 
 
今日も図面を見ながら使用目的の場所の設定。
 
少し時間が経って頭を整理すると、給湯室が無い。
 
慌てて給湯室の位置を再検討。2か所を予定候補に絞ってみる。
 
そう思っている間に掃除道具の収納場所等も無い事に気づいた…….
 
軽作業・IT・マルチルーム、ロッカールーム、会議室、事務所、倉庫、それらを1フロアに入れ込むイメージをふくらます。
 
 
現在は作業棟が分散されているために、人数と言う事までは気に留めてなかったが、100人近い人の仕事場として考えると色々と課題が浮かび上がってくる。
 
 
でもこのような事を考えるのも楽しい。
 
 
がんばるぞ~!
 
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
小柴 千鶴

えがお株式会社代表取締役、NPO法人夢ハウス理事長。 27歳のとき進行性筋ジストロフィー発症との診断を受ける。 さまざまな困難を乗り越えながら「ITであれば障害者でも仕事ができる」と思いたち「小規模作業所夢ハウス」をスタート。

  1. 窮地でも

  2. 人生

  3. 往診日

RECOMMEND

ARCHIVE

RELATED

PAGE TOP